中国 重慶~成都 新幹線での移動方法

スポンサーリンク

中国の重慶~成都の移動方法なのですが空港での移動も考えたのですが

時間とお金を考えると新幹線の方が圧倒的に安くて早いので新幹線で行く事にしました

ですがその具体的な方法を調べてもなかなか情報がないのでまとめてみました

重慶発

まずは重慶から新幹線に乗る場合

重慶北駅南広場といういかにもな名前の駅が地下鉄3号線にあるので

普通に考えてそこで乗ると思うのですがどうやら違うらしく

その右隣の駅の龍頭寺(龙头寺)駅が最寄駅となってます

この駅です

ですがこの駅が最寄り駅とは言え歩いて10分以上はかかる位離れています

こんな感じで駅から南南東の方に行くと着きます

途中色々と標識がありますし

利用者も多いので人の流れに沿って着いていけばそんなに迷う事は無いと思います

そしてやっと駅が見えた。。。と思ったのですが

地上からは横断歩道や歩道橋等が見当たらずどうやって辿り着くのだろうかと迷っていたら

左を見ると地下道への階段があったので地下から行く事となります

地下道にも標識があるので漢字の意味からなんとなく察して進めばなんとか着きました

切符の買い方

確実というかオススメなのはCTIPというサイトを使っての事前予約がオススメです

本当に利用者が多過ぎて窓口も大混雑していて当日ですぐ切符を買おうとしても

ほぼ埋まっていてまともに買えません

事前予約をしていて窓口で切符に引き換えてもらうだけなのに

窓口前に大行列が出来ているので飛行機に乗る位の感覚で

1時間以上前に到着しておくのがオススメです

写真を撮ったのですがデータ紛失してしまって載せれないのですが

普通の窓口とは別に緑色の看板の急ぎの人用の窓口があって

どうやら混雑し過ぎて発車までに発券が間に合わない人の為に

発車予定40分前の人用の急行窓口として機能している様子

そこは空いているのですがちょうど私が着いたのが1時間程前だったのですが

並んでいる間に窓口に着いたのが30分程前になってしまい

割り込みとかも色々あったりして。。。

さらに外国人でパスポート提出してCTRIPの予約画面を見せて

そしたら処理がなかなか上手くいかず、その急行の窓口の方に移動させられて

こっちに来て!みたいに言われてなんとか発券が完了しました

その後駅に入るにも空港の出国手続き並みの手続きがあって

これまた大行列で中国人は身分証名称にICチップが搭載されているみたいで

それをタッチすれば通れる自動ゲートがあってそれを使えるのですが

外国人は有人改札みたいな所でパスポートと切符を渡して手続きをします

そして荷物チェックを通ってやっと登場口まで行けます。。。

駅構内もとんでもなく広くて空港のチェックインカウンターのフロアみたいな様子で

更に発車10分前位になってやっと各乗車ホームへの入場が開始となるまで

皆さん待機しています。これもまるで空港の搭乗ゲートの登場開始待ちみたいで

全然電車に乗ってるという感じがしませんでしたw

成都東駅に到着したら

高速鉄道の重慶北から成都東への移動が終わり

成都東駅に到着したらそのまますぐに地下鉄に乗り換えれます

降りてすぐ地下鉄への道があるので迷わず乗る事が出来ます。

重慶と比べて成都の方が乗り換えがスムーズでかなり便利です

成都発

成都の新幹線の駅は地下鉄1号線の火車北駅からすぐです

この駅の切符売り場の窓口も並んでいますが重慶程大混雑ではない感じでした

ですがここの窓口ではインターネット予約専門の窓口があるのでそこが空いてるので

CTRIPで予約してそこに並ぶのが良いと思います

あとはIDチェックして乗る流れは重慶からと同じなのですが

重慶に到着してからが大変

成都は交通インフラが整っていて大人数にも対応可能になっているからかわかりませんが

重慶の不便さが際立って感じれました

重慶北駅に着いて行きと同じく龍頭寺(龙头寺)駅に向かったのですが

新幹線で移動してきた大人数が地下鉄の処理能力を超えている為か

狭い駅構内がパンク状態

切符を買うまでも一苦労で切符買ってからも

地下鉄は乗るまでに荷物チェックとか色々厳しいので大混雑です

タクシーがオススメ?

お金に余裕がある人は重慶の新幹線の駅への移動はタクシーの方が良いかもしれません

地下鉄を利用してもなんだかんだで歩かされたり待たされたりと大変です

中国新幹線の車内の様子で日本の新幹線とほとんど同じなのですが気づいた事があります

中国人はカップラーメンが大好き

新幹線の中にポットでお湯が出る場所があるのですが

そこに長蛇の列が出来て皆さんカップラーメンを作っていました

電源のコンセントは2座席で一つ

なので先に座っていた人が使っていた場合は携帯の充電が出来ませんでした

エチケット袋がパンダ仕様

成都は何でもパンダ仕様なのが多いのですがまさかのこれまでパンダ仕様

重慶~成都間の所要時間

同じ新幹線でも日本でいうのぞみ、ひかり、こだまみたいに同じ路線でも微妙に所要時間が変わってきます

一番早い便だと1時間26分で到着しますが

一番遅い便だと2時間27分で到着します

自分の旅のプランに合わせて選んで予約しましょう

重慶~成都の新幹線の座席の種類と値段

CTRIPで調べればわかると思うのですが一応目安を書いておきます

二等席という飛行機でいうエコノミークラスみたいな指定席は片道2700~2800円位

一等席という飛行機でいうビジネスクラスみたいな指定席は4300~4400円

ビジネス席という飛行機でいうファーストクラスみたいな指定席は片道8100~8200円

ちなみに一番朝の早い始発だと人気が無いのか全座席3~4割程安いです

今回は二等席という自分の席だけだったので他の席は見れなかったのですが

聞いた話だとビジネス席はフルフラットになってドリンクや軽食も出るみたいです

せっかく中国本土まで遊びに行ったなら新幹線を利用して

少し遠出して遊びに行くのもオススメです

ハードルは少し高いかもしれませんが(英語も通じないので)

是非挑戦してみて下さい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする