中国の行き遅れ女子の婚活事情 婚活広場

スポンサーリンク

日本ではアラサー以降の結婚していない女性を負け犬だとか色々言われて

社会現象にまでなったりしましたが

中国でも似たような事?が起こってました

中国ではそういう女性を

「剰女」

と呼ばれているそうです

過剰に余って行き遅れた女性。みたいな意味ですね

中国では家族を大事にするのもあって

みんな結婚するのが当然のような風習になっており

独身でいると家族からの結婚しろとのプレッシャーが半端ないとか

親も親バカというか子供が結婚する為ならなんでもすると言った感じで

頑張ってお金を貯めて結婚する為に家を買い与えたりするとの事

中国では今の日本というより昔の日本に価値観が近いのか

親がどんどんお見合いをセッティングする事多いみたいで

親は子供が結婚してくれる為に時間とお金を惜しみなく使って婚活サポートをしているみたいです

婚活広場

中国上海の人民広場は週末は人でごったがえしていましたが

みんな何の目的でこんなに集まっているのだろうと思い

調査しに入ってみるとびっくり

傘がそこらへんに沢山開いた状態で置いてあります

傘の前にずっと座って待っている人も

そしてみんな傘を一つ一つチェックしていました

この傘は何だろうとよく見てみると傘に何か紙が貼ってあります

傘には中国語ですがなんとなく言わんとしてる事はわかりました

みんなこの傘を使って結婚相手を探しているのです

紙に結婚相手を探している人のプロフィールと

相手に求める条件を書いています

これらの書いてある事が

性別、年齢、身長、性格、学歴、職種、年収、持ち家があるか、車があるか、

そして最後に連絡先が書いてます

そして傘の前に座っているのは本人ではなく親なのがほとんど

親がそこまで子供の結婚を心配しているみたいで

日本だと考えられませんね

やはり顔も大事ですし、体重も大事ですし

何よりお互いの気持ちが大事というかお見合いは今はあまり流行ってませんしね

中国人が高身長、高収入にこだわると聞いた事があるのですが

本当にそうなんだなと思いました

身長は気にしても体重は気にならないというのが不思議でしょうがありません

みなさんも上海に旅行に行った際には

一度週末の人民広場を見てみるのも楽しいかもしれませんよ?

ガイドブックにはそんな事書いてなかったので新たな発見で楽しかったです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする