中国上海で一番命の危険を感じた時

スポンサーリンク

今回の上海の旅行中に結構ヒヤリとするような危険な場面がありました

道路が危ない!

まず信号無視する車が結構います。この時点で危ないのはもちろんなのですが

日本で信号無視する車よりも危険が違います。

なぜなら上海の車はガソリン車はほとんど見かけず、電気自動車がほとんどだからです

なんでそれが余計危険かというと、日本ではすでに対策がされていて

擬似エンジン音を出す装置の取り付けが義務付けされてますが

中国ではまだそこまで法整備がされていないのか

ほぼ無音です。騒音がないからいいのかもしれませんが

背後等の死角からの車の接近に気づかないからです

無音で急に信号無視をされると本当に怖いです

信号が青でも左右を確認して車がいない、止まっている事を確認して渡りましょう

では歩道は安全なのか?

歩道も危ない!?

歩道なら車も通わないし安全だろうと思ったら、むしろ

歩道の方が危険が多いかもしれません。

まず歩道はそんなに広くありません、上海は中国では都会なので

もちろん歩道にも人が多いです

なのに電気自転車で無音で突っ込んできます

中には電気のバイクみたいな大きいやつでも歩道を走ってる時を見かけます

日本では安全の為電気自転車は漕いだ分だけ加速したり、

一定速度以上はアシストしないように規制がかかってますが

無音で走る電気の原付バイクみたいなのが歩道で結構な数を走ってます

いかに日本が安全に配慮しているかを身に染みて理解出来ました

シンセンでも確かに電気自転車をよく見かけましたが

上海程人口密度が高くなく歩道も広かったのでそこまで脅威には感じませんでした

全ての原因は電気自動車、電気自転車が普及したせい?

そもそも何故ここまで普及したのかを調べてみると

やはり政府が電気自動車に対して手厚い補助金を出しているからみたいです

PM2.5対策の為にもこういう政策は良いのかもしれませんが

ただ安全対策の法整備をきちんとしていれば良かったなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする