上海ディズニーランドに行ってみた

スポンサーリンク

せっかく上海に行ったので

上海ディズニーランドに行ってきました

プレオープンの様子だけ聞いてると

色々とカオスな感じなのかと思ってたのですが

意外と普通にディズニーランドしていました

行き方とか詳しい乗り物とかは今更なので書きませんが

まず最寄り駅、地下鉄で移動します

英語でディズニーリゾートステーションという

完全にディズニーの為に作られた駅ですね

開園時間直後ではない10:30位に着いたので

混雑を覚悟してたのですがそこまで混雑しておらず

入園チケットも並ばず買えました

噂ではダフ屋みたいなのが居ると聞いてたのですが

入園前からすでに警備の人が沢山いてかなり警戒してる様子でした

ダフ屋対策なのかもしれません

そして入園する時にパスポートチェックはもちろん

マスクをしてたら取ってと言われて

顔写真まで撮られて

荷物チェックもされます

いったいどんな夢の国なんだろうと思ったのですが

それよりも衝撃だったのは

私の前の人が荷物チェックでインスタントラーメンを何個も持ち込んでいた事w

中で食べるつもりだったのだろうか。。。

とりあえず一番人気というか話題のトロンに乗ってみる

かなり楽しかった

バイクにまたがって急加速でかなりの風とGを感じれます

開園直後はそこまで混んでませんでした

金曜日の昼前ですがファストパスを使わなくても30~40分待ちで乗れます

ですが後半になるにつれ待ち時間はやはり増えていきましたね

あと噂で聞いていた

野糞、野ションは見れるかな~と期待してたのですが

全く見る事が出来ませんでしたw

花壇も荒れてませんし

ただ喫煙者は多い印象でしたね

ただ、お土産のクオリティは日本に比べるとやや微妙な感じがしました

デザインがあまり可愛くないのがチラホラ

なんかちょいちょい目が怖いグッズがあったりします

ただ一番思ったのは東京ディズニーランドが特別なのかもしれませんが

キャストの愛想が悪く思いました

皆笑顔がありません

一部頑張って笑顔で声描けしている立派なキャストの人もいましたが

半分以上のキャストは無愛想で笑顔もなく

笑っているのは同僚とお喋りしている時だけ、みたいな人がほとんどでした

乗り物に乗ってお見送りする時は笑顔で手を振ってよー!

って感じ

そこらへんの教育をもっとちゃんとしていって欲しいなって思いました

でもディズニーっぽい事をちゃんとしてるキャストもいるのもまた事実で

清掃員の人が水で地面にディズニーの絵を描いてましたね

お客さんも一緒になって描いてたり

こういうのを見ると心が和みます

あとこういうのにちょっと中国な感じを感じたり

個人的にトロンも良かったのですが一番楽しかったのはこれですね

命綱を付けてアスレチック体験をするやつ

キャンプディスカバリーという名前です

中に入るのに携帯とか全てロッカーに預けてからやるので写真はあまり撮れなかったのですがこれは本当に怖かった

こんな足場悪い所にクロックスで参加したから

係員の人に足元気をつけてって言われて色んな係員にマークされましたw

あと食事がやはり高く感じたのもあってか

ほとんどの人が食事を持ち込んで中で食べてましたね

パンとか色々

私ももちろん持ち込みでw

レストランはそんなに混んでませんでした

総合的に考えて評価すると

日本より全体的に空いてる感じがしたのでそういう意味では

比較的快適に遊ぶ事が出来ました

乗り物待ちも皆さん割りときちんと並んで待ってましたし

あとはキャストの愛想がもう少し良ければ完璧なんですが

今後に期待ですね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. PPAP より:

    いつも楽しく拝見してます!
    モアナのキャラクターはもう販売されてましたか?

    • taipeinurse より:

      コメントありがとうございます。
      ディズニーは元々そこまで詳しくないのでそこまでチェックしてませんでした