台湾 高雄のシェアサイクルC BIKEの乗り方 注意点

スポンサーリンク

C BIKE

台湾でもシェアサイクルは台北はU BIKEですが高雄はC BIKEという名前で運営しています

似ているようで色々と勝手が違うので実際に乗ってみて思った事

気をつけた方が良い注意点を紹介しようと思います

まずキオスクを探しましょう

まずC BIKEのキオスクという基地局を見つける事から始めます

公式HPでは住所しか書いていなく、場所が地図としてわかりずらいので

スマホにアプリをインストールするのがオススメです

C BIKEで検索すると出てきます。GOOGLE MAPみたいな画面で

キオスクの場所が表示されるのでわかりやすいです

これがキオスクです

利用方法はクレジットカードが便利

利用する為にはクレジットカードか高雄のヨーヨーカーみたいな一卡通というICカードで登録できます

個人的にはクレジットカードでする操作がお手軽で便利です

クレジットカードで支払ったとしても30分までは無料で使えるのでかなり便利です

台北のU BIKEではヨーヨーカーだと最初の利用がかなり安かったりと

クレジットカードより優待していますがC BIKEはクレジットカードでも無料時間があって

お得に使えるのでクレジットカードの利用で十分だと思います

ちなみに30分以上で60分までで5NTかかるとの事

表示を英語に出来るので英語にしたら後は簡単になんとなく進めれました

とにかくクレジットカードでタッチパネルで操作していきます

クレジットカードを挿入する装置もあるのでそれにカードを入れると

カード番号が全て自動入力されるので便利です

カードの入力が終わったら借りたい自転車のあるポート番号を入力します

リリースボタンに要注意

そして全部手続きが終わったらリリースボタンを押します

一体どこにそのボタンがあるのかわからなかったのですが

平面で非常にわかりづらいのですが下の写真ですと

14の右下にピンクで指先の絵が描いてる所を押すとリリースされて

ロックが外れて使えました

ネットの情報だと旧式のこのタイプしかなかったのでわかりにくかったです

これだと一目見てこれが物理キーなんだとわかりやすいです

緑のボタンを押すとリリースされます

このリリースボタンなんですがクレジットカードの操作を終えて

リリースボタンを押すまで45秒?かそれ位猶予があるのですが

その間にリリースボタンを押さなかったら全て無かった事にされてしまいます

これはかなり急かされる感じで嫌ですw

しかも一度使ったクレジットカードCBIKEを使う為にはは30分使えなくなります

別のクレジットカードで操作して、リリースボタンを押せば無事使えましたが

リリースボタンを押せなかったが為にずっと使用中でお金を取られるのかと思いきや

無効扱いになってはいるものの、一回使用したという事になって再度利用するまでの

クールタイムが必要になる。みたいな感じでした

台北のUバイクでも一度キオスクに戻してもすぐには使えませんからね

実際乗ってみた感想は普通の自転車ですw

U BIKEの方がギアチェンジが付いてて良いですね

返却する際もキオスクで手続きが必要

クレジットカードでの利用の場合だけなのですが

自転車をキオスクの空いてる所にガッチリはめ込んでから

キオスクで返却手続きをします

クレジットカードを入力すればそれで返却は完了です

クレジットカードのデータを入力してそのカードでの

過去のC BIKEでの利用履歴も参照する事が出来ます

やっぱりあると便利

台北のU BIKEと比べて若干不親切な所もありますが

やはりあると無いとではある方が便利なので使った方が色々便利に楽しむ事が出来ると思います

クレジットカードでも30分まで無料というのが良いですね

なので高雄に来た際は是非使ってみて下さい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする