台湾の高雄に行ってみて感じた住民の特性?台北との違い

スポンサーリンク

高雄と台北との違い?

今回台湾新幹線で高雄に行ってみたのですが

台北と比べて住民の特性みたいなのが違ってるなぁと感じる事があったので

それを紹介しようと思います

下の画像は高雄市内の都市部で撮った風景です

のんびり屋さんが多い?

もともと香港と比べて台湾はせかせかしていなくのんびりしている人が多いと

よく聞くのですが高雄は台北と比べて圧倒的にのんびりした人が多いと感じました

一番よくわかったのは地下鉄のエスカレーターですね

写真は撮ってないのですがエスカレーターで歩く人がほぼ皆無

みんな綺麗に片方に寄ってずっと並んで待ってました

せかせかしていないけどちゃんと片側を空けて並んで待っているのが

マナーが良いというかモラルがあるんだなぁと印象的でした

悪人が少ない?

防犯意識が低いというか悪い人がいないと思う人が多いのかわかりませんが

公衆プールにコインロッカーなる物がありませんでした

みんな棚や椅子に荷物を置いて泳いでました

台北の公衆プールでもこういう光景は見かけましたが

コインロッカーはありました

あるけど節約なのか使わない人が多いのかもしれませんが

コインロッカー自体がプールに全く存在しないというのは衝撃でした

これでは物が盗られるんじゃないかってヒヤヒヤして泳げません

ですがみなさん普通に一人で来てる人も多く荷物を置いて泳いでました

今度貴重品をホテルに置いてプールサイドに荷物を置いて泳いでみようと思います

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする