深圳(シンセン)の日本人向けのホテルに泊まってみた感想

スポンサーリンク

シンセンの中でも比較的日本人が多い区域の羅湖区にある

グァンドン ホテル (Guangdong Hotel)

口コミでは日本人が泊まるには一番オススメなホテルと聞いて

実際に泊まってみました

agodaによるとホテル内のサービスに

コンシェルジュ、サウナ、スパ、フィットネスセンター、マッサージ

カジノ、ナイトクラブとか色々書いてました

そしてシンセンのホテルで唯一?と言えるかもしれませんが

日本語対応と書いてました

外観はこんな感じ

トイレとお風呂はこんな感じ

ウォッシュレットが嬉しい

シンセンの公共施設のトイレはトイレットペーパー泥棒がいるからか

ペーパーを置いてなく、ティッシュの販売機も無く

外でトイレしようとすると悲惨な事になります

ここのホテルのフロントにあるトイレもホテルキーがないと入れませんでした

ベッドの上に折鶴と、日本語でのウェルカムメッセージが書いてました

ホテルの客が無料で使えるラウンジです

フィットネスセンターはしょぼかった

これしかない

そして謎のマッサージチェアー?

とにかく全体的に薄暗い感じです、省エネというか電気代節約なのかわかりませんが

暗過ぎて利用するのを躊躇うレベル

その為か誰も利用者がいない

そしてスパとかサウナはどこにあるかと思い

館内のエレベーターで行ける範囲を探しても全然見当たらず

フロントに聞いてみると入り口付近から地下へ行く道があるから

そっちから行ってとの事、有料のホテルの人以外も使える

普通のサウナ設備でした

カタログを見ましたけど非常に普通そうで

値段もあまりお手ごろじゃなかったので結局入りませんでした

一応ほとんどのスタッフが日本語で対応出来る点は日本人にとって

泊まりやすいホテルだと思いますが、英語もいまいち通じない感じでしたし

何よりコンシェルジュサービスと名乗っておきながら

実質コンシェルジュなんて無いも同然でした

コンシェルジュとは何でもしてくれて翻訳とかそのホテル周辺の観光のオススメの場所とか

色々教えてくれるもんかと思って期待していたのですが

この付近の安心して使えそうなマッサージとかサウナの施設を教えて下さいって言ったら

どこも同じで大差ありませんし日本語は通じません

としか言ってくれませんでした

そんなのわかってるけどその中でも安心してお客さんに使ってもらえそうな施設位

一個でもいいから教えて欲しかった

とりあえずホテルの中のサウナは日本語通じるかそこに行けばと

こんなに意味のないコンシェルジュなら他のホテルにしてたよって思いました

ただもしかしたらコンシェルジュスタッフは他にいて

その人がたまたまいなかっただけなのかもしれませんし

一応日本人スタッフもいるみたいなのでその人に話しが出来たらまた

違ったのかもしれませんけどね、あまりにもおざなりな対応で悲しくなりました

ただまぁホテルのスタッフに日本語だけで対応してもらいたいって

いうだけの基準でホテルを選ぶならコスパは良いと思います

朝食とか抜きで一泊七千円位でした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする