台北で一番オススメのマンゴーカキ氷屋さん 冰讃(ピンザン)

スポンサーリンク
2018年1月8日追記
今までマンゴーシェーファービンが100元だったのですが
2016年には120元
そして今年は一気に150元に値上がりしていました

そのせいかわかりませんが気持ち増量しているような気もします

円安もあるのですが年々台北の物価が高くなっていってお得感が減ってるのですが

それでもここのマンゴーカキ氷はオンリーワンで一番のお気に入りなので

通って食べますけどねw

あと注文した時に以前は番号札を渡されてその番号を呼んで取りに行ってたのですが

今は円盤のバイブするやつを渡されます

日本でもフードコートとかでよく見るあれです

最近台湾ではそれが流行ってるのか色んな店でそのシステムになってる気がします

あと、閉店間際だとこういうセールをする事もあるみたいです

最新のメニュー表はこれです

追記終了

台湾での日本人に人気の食べ物と言えば小龍包とマンゴーかき氷ですが

今回はオススメのマンゴーかき氷の店を紹介しようと思います

一般的にマンゴーかき氷の有名な店というとice monsterやマンゴーチャチャですね、

それらの店は店内も綺麗で日本語メニューも完備でサービスも良いと思います。

でも知る人ぞ知る地元民に愛されている安くて美味しいコスパ抜群の店があるのです

私は台北旅行に行ったら毎日そこでかならず一食は食べています

その店の名前は「冰讃(ピンザン)」

店の外見や店内もめちゃくちゃ綺麗!とまでは言えませんが

お店の人のマンゴーかき氷にかけるこだわりはもの凄く

マンゴーの美味しい時期しかお店を開けていないのです

一番の人気メニューは芒果雪花冰 100元

牛乳を凍らしたものを削って、それにフレッシュマンゴーを上にかけたやつです。

これが本当に美味しくてたまりません

これをice monsterやマンゴーチャチャで食べると二倍位の値段になります

また、色々トッピングも出来て、一つトッピングする事に10元ですが

私はサッパリしたゼリーのような愛玉をよくトッピングしてもらいます

このサッパリしててツルンって入る感じが橋休めとしてとても良い感じです

本当に最高のお店なんですが唯一の欠点が期間限定でしか店をやってないという事。

4月からだいたい10月までやってます。

終わりの時期に近づくとお店の中に最終営業日はいつまでと張り紙をするようになるのでそれで確認しましょう

2015年は10月いっぱいギリギリまでやってました。
営業時間:11:30~23:00

最寄り駅はMRTの雙連駅です。2番出口を出て右の方に歩くと右手に見えます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする