喪に服している年末年始のバンコクへ旅行してみた感想

スポンサーリンク

年末年始にバンコクへ旅行する予定だったのですが

予定を立てた時はプミポン国王が健在だったので

想定外の御通夜ムードのバンコク旅行になりました

街中は施設の景観や店の人にやはり白黒の色が目立ちます

クリスマスツリーも真っ白だったり

セントラルワールド周辺の装飾は本当に白一色でした

1u6Qp93mR1hvXcSy.jpg

6FrFTYu0jZHNxRP9.jpg

zMjyWSjaQEqQsQ2h.jpg

SZt0edye4X2fjI4g.jpg

65W0ab1VoZjllS1W.jpg

CoQzjrnsppBAh8zU.jpg

jtwbGKCixZfgA7o3.jpg

umo6WXo4WMy4q6GZ.jpg

あとは街中の所々にプミポン国王の位牌のような物が見られます

6hDQ6d4Pu8m7b2QA.jpg

xPF5V8QPeAAbUn2u.jpg

ですが街中を歩いている人は白黒意外のファッションをしている人を多く見ました

今回かなり白黒系の色の服だけを持っていったのですが

そこまで無理しなくても普段通りの服装でも良かったのかなー

なんて思ったり

凄いド派手な色の服を着ている人も見かけましたし

まぁ何かあった時の事を考えたら用心して白黒系で統一した方が

無難だとは思います

そしてセントラルワールドではいつもカウントダウンで花火を楽しめたり

イベントをするらしいのですが

今回はみんなでお祈りをするだけという地味なイベントでした

それでもセントラルワールド前は人がごった返してましたし

お祈りをする為の場所みたいな所も凄い人でいっぱいでした

やはり多くのタイの住人にとってそれほどプミポン国王の事が

偉大だったんだろうなと感じました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする