Air Asiaでの旅行がアプリで更に便利になります

スポンサーリンク

2017年2月23日追記更新

アプリからweb check inが出来ない事がありました

どこを調べてもわからず

こういう文字が出てチェックインが完了しません

Fail To Auto Assing Seatと

どうしたらいいのかわからず駄目元でパソコンでweb check inを試みました

するとこんな文章が表示されました

The only seats available are on the emergency exit row and guests seated here must meet specific criterias. Therefore, please proceed to counter for manual check-in

どうやら非常出口のある席しか空き座席がなく

緊急時に英語が通じるか、ちゃんと指示通りに動いてくれるか

そういう条件を満たすかどうか確認しないといけないので

手動チェックインするしか出来ないとの事

もっと早めにウェブチェックインをすれば良かったのですが

ギリギリになってチェックインした為にこんな事になったので

出来れば早めにウェブチェックインを済ます方がいいです

Air Asiaは出発の14日前からウェブチェックインが可能です

考え方によっては非常出口の近くの席の方が広い席なので

ある意味ラッキーなのかもしれませんが

個人的にはチェックインの時間を少しでも節約したいので

ウェブチェックインが出来ないのはかなり痛いです

みなさんも気をつけましょう

以下は以前の記事です

Air asiaは安いのは良いのですが

チェックインや搭乗券の発行の過程が少しややこしいので

いつも直前になってあたふたして調べたり

チケットをプリントアウトしたりして手間がかかったのですが

今回Air Asiaのアプリを使えばとても簡単に飛行機に乗れる事を発見したので

その紹介をしようと思います

まずはアプリの入手から、下記からゲットして下さい

そしてアプリを開いて、以前からAir Asiaを利用した事ある人は

メンバー登録をしていると思うのでBIGメンバーID等を登録してサインインします

サインインに成功すると名前が表示されます。

この状態で出発日の二週間前からWEBチェックインが出来るので

予約番号等を入力してWEBチェックインをしましょう

WEBチェックインの手続きが終わって

搭乗券の所をタップすると

このように表示されます

今回羽田からKULに行く際にチェックインカウンターに行かないといけなかったんですが

ちゃんと上部にカウンターに来て下さいと表示されます

なのでチェックインカウンターに行かないといけないかどうかは

このアプリを見れば一目瞭然なのです

今回はKULからシンガポールまで行ったのですが

羽田発の時だけはチェックインカウンターに行って

紙の搭乗券を発行してもらえましたが

それ以外では直接搭乗ゲートに行って下さいと表示されたので

一度もチェックインカウンターには行っていません

本当に大丈夫か不安でしたが、なんとかなりました

一部の荷物チェックの人がこれは何?って感じで

英語に直してって言われた事がありましたが

結局そのまま通れました

ただこの方法の唯一の難点はインターネットが通じてないと

アプリが開けないという事ですね

ネットが出来ない環境ではスクリーンショットを撮っていつでも

搭乗券の画面を出せるようにしておきましょう

ちなみにチェックインカウンターを通らなくても

搭乗ゲート前でスタッフがパスポートと搭乗券を確認に来るので

パスポートとこのアプリでの搭乗券、「E-BOARDING PASS」を見せましょう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする