上海で泊まったホテル ハンティン ホテル シャンハイ シュチアホエ インドア スタジアム ブランチ (Hanting Hotel Shanghai Xujiahui Indoor Stadium Branch)

スポンサーリンク

ハンティン ホテル シャンハイ シュチアホエ インドア スタジアム ブランチ (Hanting Hotel Shanghai Xujiahui Indoor Stadium Branch)の詳細を見る

非常に長いホテル名ですが

ハンティンホテルというのは上海では有名なホテルのチェーン店みたいで

あちこちにあります。なのでチェーン店ならではの安心感はあると思います

一泊五千円位で普通のビジネスホテルみたいな感じでした

ただ対応言語が中国語としか書いてなくて

やはりとても簡単な英語で疎通を図っても

まったく理解してもらえませんでした。

翻訳アプリを駆使してなんとか荷物を預けたり

する事が出来たので、ギリギリセーフ

部屋の鍵はカードキータイプで持ち運びが便利です

チェックインの際にデポジットもとられませんでした

ただ一番の難点が回りがビルに囲まれてるからか携帯の電波が非常に悪い

WIFIの案内もあるのですが中国語でいまいち使い方がわからず断念

シャワーのお湯の出や排水は良かったです

私が行った時は受け付けの人が中学生の子供みたいな小さい女の子で

こんな子供が働いてて大丈夫なのか?と不安になりました

実年齢は高校生位のなのかもしれませんが凄い身長も低い

女の子二人組みが受付対応してましたね

あとは中国ならどこでもなのかもしれませんが

部屋のドアの下の隙間から怪しい広告のチラシみたいなのが投げ入れられてたりしましたね

あとホテルの場所なんですがAGODAの地図の場所にはホテルがありませんでした

GOOGLEMAPを使ってるからか元々AGODAのホテルの地図は大体の場所しか指さない事が多いので

百度地図で調べると確実だと思います

外観はこんな感じです

最寄り駅は上海体育館駅で

GOGLEMAPでいうとこの場所です

ハンティン ホテル シャンハイ シュチアホエ インドア スタジアム ブランチ (Hanting Hotel Shanghai Xujiahui Indoor Stadium Branch)の詳細を見る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする