反日でも親日でもない知日とは?

スポンサーリンク

中国では過去に反日のデモで日系企業が襲われたりした事もあって

反日ブームがまだ続いてると思う人もいるかもしれませんが

最近は知日派という、反日でも親日でもない動きが出てきたみたいです。

きっかけは「知日」という月刊誌の発売

「知日」は、2011年1月に北京で創刊された、

日本文化やライフスタイルを紹介する月刊誌。

これが大人気で10万部を突破した事もあるそうです

日本の事は嫌いじゃないけどどのようなものか興味があって知りたいという

人がそれだけいるという事です

ちなみに今までの「知日」でとりあったテーマが「制服」「森ガール」
「明治維新」「暴走族」「妖怪」「鉄道」「断捨離」「禅」
「犬」「日本食」「手帳」「礼儀」など、

ちなみに「漫画」を取り扱った回は50万部を突破する程の人気だったと

しかし順風満帆な「知日」と思ったのですが

最近は中国当局からの検閲が強化されて出版の許可がなかなか降りず

隔月出版になってしまったそうです、

さらに編集者の人は命の心配もされるような状況とか。

私は中国政府のやり方は嫌いですが

中国人自体は嫌いではありません、海外に行くようなある程度の知識がある人の中には

良い人も沢山いて、仲良くなりましたし

中国の事を嫌なイメージで持ってる人もいるかもしれませんが

中国の実態をもっと興味を持って知っていきたい

「知中」の人がもっと増えて欲しいとは思います

私も自分自身「知中」だと思ってますし

何かと中国自体はアジア、世界でも存在感は大きいので

無視はできない存在ですよね。

ちなみに台湾人の友達に学校の授業で中国の歴史等、

台湾の事でなく中国の事ばかり勉強する事に関してどう思うか聞いたら

「敵の事を知る事は良い事です」

って言ってました。

たくましく、前向きだなって思いました。

やっぱり知る事って大事ですよね

知っている事が多くて損する事はないと思います

今後も台湾や香港の関係もそうですが

中国自体の動きも注意して追っていこうと思います

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする