ソウル旅行に行ってわかった事。韓国が飲酒社会だという事

スポンサーリンク

ソウル旅行に行ってわかった事。韓国が飲酒社会だという事

今回取材も兼ねて韓国のソウルに旅行に行ったのですが

現地の看板に酔っ払い禁止とかわざわざ日本語で書かれている標識もあったり

焼肉を食べていたら女二人組みがでっかい声出して皿とか落としたり

ケンカしだして、他の席の物まで落としたりとかしてキャットファイトが始まって

そしてトイレに消えていって、付き添いで居た一人の男だけ取り残されて周りに

謝ってる場面を見たり

道端で酔っ払ってゴミ袋を思いっきり蹴って道路の真ん中まで飛ばしてる場面とか

色々目の当たりにしました。

そしてたまたま韓国在住の日本人と知り合う事が出来て話を聞いてみると

韓国人は週末は朝までずっと集団で飲んで過ごす事が多いとの事で

どんだけ果てしなく飲むんだろうと不思議に思って色々ググってみたら

やっぱりそんな感じのデータが色々と出てきました

酒

そもそもアジア人は基本的にお酒に弱い体質の人がほとんどなのですが

韓国だけは例外らしく飲酒量が半端じゃないらしい

アルコールの消費量はアジアの中で郡を抜いて高く

焼酎やウイスキー等の高度数のお酒の消費量に限定すると

OECD加盟国の中で一位だそうです

他にもこのサイトの韓国のアルコール消費に関するランキングだと

世界・男性飲酒者1人あたりのアルコール消費量ランキングで190カ国中1位!

という事。(ちなみに日本は135位)

しかも韓国は酔っ払いに対しては犯罪を犯しても処罰を軽減するという謎の法律があって

それもあって酔っ払いの犯罪数が多く

飲酒運転の事故もかなり多いみたいです。

2008年の韓国アルコール科学の報告によると10人に一人がアルコールに関連する疾患で

亡くなっているとの事です。

韓国とお酒は切っても切れない関係みたいです。

みなさんもお酒の飲みすぎには気をつけましょう

あと韓国旅行に行く時は酔っ払いのトラブルに巻き込まれないようにも気をつけましょうね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする