大連の空港を利用する際の注意点

スポンサーリンク

大連空港

今回はエアチャイナで大連まで行ったのですが

大連の空港が想像以上に何も無くて使いづらくて驚きました

注意点をいくつか紹介しようと思います

国際線の到着エリアには何もありません

人も全然いませんし店もほぼ皆無ですこんな寂しい国際線の到着エリアは初めてです

かろうじてシムカードやWIFIルーターの店がありますが中国人向けで

海外利用のWIFIルーターや海外用のシムの販売しかしておらず中国国内向けのシムは売ってなさそうでした。

お店や人は国内線エリアにあり

何か食べ物を買おうとかお金を降ろそうと思うならば国内線エリアに移動するしかありません

ちなみにプライオリティパスで使えるラウンジも国内線にしかありませんw

とは言え小さい空港なので国内線エリアへの移動も簡単です

国際線の到着エリアから二階に上がると国際線の出発エリアでそのまま

反対方向に行くと国内線の出発エリアになります。

そこに色々コンビニ(ローソン)やお土産屋さん、レストラン

両替屋、ATM等あるので中国元をゲットするにはATMでキャッシングするのがオススメです

市内への移動は地下鉄が便利

昔は地下鉄が通っていなかったのですが現在は地下鉄が通っているので市内へは

地下鉄を使うのがオススメです、タクシーだとぼったくられる恐れがあります

行き方は標識にがあるのでそれに沿って移動すれば間違う事はないです

ただ終電は22:00過ぎ位とか早めなのであまり遅い時間に到着する場合は

タクシーも検討してみて下さい

チェックインカウンターがわかり辛い

国内線は出発エリアのすぐ見える所にチェックインカウンターがあってわかるのですが

国際線の出発エリアにチェックインカウンターがどこにあるのか探しても見えなくて

地図を見てみると壁の向こう側にチェックインカウンターらしきものが。。。

でもこの地図以外にパッと見てチェックインカウンターらしき標識がなかったので

かなり不安でしたが

この厳重な壁の向こうにチェックインカウンターが。。。

それならそうともっとわかりやすく標識をたててもらわないとかなり迷って焦りました

駄目元でとりあえずパスポートを出せば係員の人が奥に通してくれるので

そのまま荷物チェックをしてその先にやっとチェックインカウンターがあります

なんでここまで隠しているのか意味がわかりません

そこでチェックインをしてチケットをもらって

またセキュリティチェックを逆行してレストランに行ったりお土産を買いに行きました

逆行はどうやら大丈夫なようです。明らかに一方通行にしか見えないので

不安でしたが大丈夫でした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする