アジアでタクシーに乗るならUBERを使いましょう

スポンサーリンク

2017年2月7日追記更新

UBERは2017年2月10日にサービスを中止、撤退する事となりました

以前から罰金が増えたりして政府の締め付けが強化されていて

存続が危ぶまれてましたがついに完全に撤退する事となりました

とても便利だったので残念です

追記終了

タクシー配車アプリの「Uber」はご存知ですか?

最近台北やバンコクで使う機械があったので

メリット、デメリット、使用方法を紹介しようと思います

メリット

とにかく安い!

既存のタクシーと比べて料金が明確に安いです、日本だけは別ですがアジア各国で使う分には確実に安いです

台北のタクシーの初乗り料金は70元

その後、250メートル毎に5元ずつ加算されていきます。

また、1分40秒間停車する毎に5元加算されていきます。

その他、夜間(23時~翌6時まで)はメーター料金に20元追加して徴収されます。

UBERの初乗り料金は40元

その後、1kmあたりに12.5元

毎分毎に2.5元です

これをわかりやすく比較するとタクシーは1km毎に20元ですがUBERは1km毎に12.5元

明確に安いですよね、しかもUBERは夜間料金もいりません。

行きと帰りでUBERと普通のタクシーを使いましたが1.5倍位値段の差がつきました

今回は台北の利用ですが、本当の価値は台北以外のアジアにあると思っています。

理由としてクレジットカードでの決済で料金が一律で決められているからです。

台北はタクシーでぼったくられる事はないのですが、バンコクやマレーシア等は

ぼったくってくる可能性があるからです。UBERなら料金はあらかじめ決められているので安心です。

実際バンコクで友達は少しの距離の移動で私のUBERでかかった料金の3倍近く取られたと

いうケースもありました。少しでも安く乗りたいならUBERが良いと思います。

サービスが良い

台北のタクシーやバスは基本的に運転が荒っぽいです。急加速、急ブレーキは日常です

私は台北で二回UBERに乗りましたが二回とも運転は穏やかで乗り心地が非常に良かったです。

またあるUBER運転手はミネラルウォーターを常備していて、私と一緒に乗った友達にプレゼントしてくれました。

これらの事から普通のタクシーよりサービスが良いと感じました。

何故こんなにサービスが良いかという理由としてドライバーの評価制度のおかげだと思います。

乗客が乗った後にドライバーの評価をつける事になっていて、評価が悪いドライバーは最悪クビになるとの事

ちなみに乗客の方も評価されているのであまりにもマナーが悪かったり、泥酔で迷惑をかける事を続けると

UBERのドライバーが嫌な客と思って乗せてくれなくなる事もあるのでお互い気をつけましょう。

言葉が通じなくても大丈夫

台北やバンコクだと普通のタクシードライバーですと英語も通じない場合が多いです。

目的地を伝えるのもなかなか通じない事がありますが、UBERですとあらかじめ目的地をアプリで入力するので

目的地を伝える必要がないのでスムーズに目的地に運んでくれます。

デメリット

迎えに来るまで時間がかかる

UBERの特性上一分一秒を争う急いでいる時はあまりオススメ出来ません。

なぜなら呼び出してから指定のポイントに迎えに来るまでに時間がかかるからです

普通のタクシーなら目の前とかそこらへんにいるタクシーをすぐ拾うだけなのですぐですが

台北ですとアプリで呼び出してだいたい10分以内に来るのですが

バンコクの場合は15分分は待たされる事が多かったです。

しかもアプリ上でタクシーの動きが見えるのですが、近づいてきたと思ったら

通り過ぎてどっか遠くの方まで行ったりとか、不可解な動きが多いです。

おそらくですが他のお客さんの送迎を何件かしながら注文だけ受注して

何件かこなしてから迎えに来てるのだと思います。少しでも多くお客さんを捕まえて

儲けを出したいからなんだと思いますが、利用者としては結構困ります

一応タクシーの位置と待ち合わせ場所から計算して到着するまで何分か目安で時間が出るのですが

バンコクですと本当に当てに出来ません。あと1分になったかと思ったら

どんどん離れていってあと7分になったりとか

ですので利用する際はある程度時間に余裕がある時にしましょう

そもそも台数が少ない

一般のタクシーと比べるとやはり台数が少ないので、過疎地域だと捕まえにくいです

迎えに来る事が出来ない事も多々あります

また、深夜早朝や需要が供給を上回っている時は

捕まえる事が出来たとしても、ピークタイムだとその状況に応じて

料金が2倍になったり値上がりします

国によってはよっては使えないカードがある

実際台北でもバンコクでもJCBのカードは使用できませんでした。

どこに行っても使えるのはやはりVISAだと思います。

また、VISAを一枚登録したからといって油断してはいけません。

一回使えたからといって安心していると二回目から使えない事がありました。

早朝にUberを使って温泉まで行って、帰りにもUberを使って帰ろうとしたら

前回の清算が終わっていないので使えませんって表示されました。

その時にカード一式はホテルに置いてあって手持ちのカードがなかったので

仕方なく帰りはタクシーを呼んでもらって帰りましたが、

結果行きより1.5倍近くのお金を払う事になりました。

ホテルに着いてから別のカードを登録して清算完了したのですが

なんでこんな事になってしまったのか不思議でしょうがなく

もしかしてカードの情報が漏れてどこかで使われまくってロックがかかったのかな?

と思ったのですが確認する術もなく。

帰国後クレジットカード会社へ問い合わせの電話をしたら衝撃の事実が。。。

どうも、Uberのアプリを使って目的地の設定を間違えて、別の場所に変えたり等

変更、キャンセルを2回程続けてした事があったのですが

0円清算なのが連続して発生したらしく

それをカード会社の人が見て、不審に思ったらしく

カード情報が漏れて不正に使われてるんじゃないかと心配して

ロックしてくれたらしいです。

事情を話したら、

「申し訳ありませんでした、ロックを解除いたします。今後セキュリティを見直して少し緩くします。」

と言われました。

まさかそんな事になってるなんて思わずびっくりしました。

これからUberを使う人はこういう事もありえるのでJCBだけでなく、VISAのカードを

数枚登録しておくといざという時に助かると思います。

私もVISAのカードを何枚か登録しておけば支払いできなくなった時に別のカードで支払えたのに

と少し悔しい思いをしてます。

そしてもしカードが使えなくなったらすぐにカード会社に連絡して事情を話しましょう。

使用方法

始めにアプリをダウンロード、登録

まずはアプリをダウンロードしましょう

i.OSでもアンドロイドでもどちらでもAPP STOREやGOOGLE PLAYからダウンロード出来ます

インストールしたら自分の情報を登録です

メールアドレスや電話番号を入力して登録を進めましょう

なお、入力した電話番号あてにSMSで登録に必要な番号が送られてくるので

海外で使える番号がなければ、日本にいるうちに登録を済ませた方が良いと思います。

なお、クレジットカードの入力をする際にプロモーションコードを入力する事ができます

入力すると日本ですと2000円相当の無料乗車券が手に入ります。

もしよければ私のコードを入力して無料乗車券を手に入れましょう

プロモーションコード「3gcs2u5gue」

カードの入力を済ませるとSMSへ送られた4桁の認証番号を入力します。

私が登録した時は送られてこなかったので、再送をクリックするとちゃんと送られてきたのでそれを入力

そこまで済めば登録準備は終了で後は使うだけです。

UBERアプリを起動

アプリを開いて乗る場所を決めましょう

なお、下の方にある車のアイコンを右にスライドするのを忘れずに。

台湾ではUBER BLACKとUBER XとありますがUBER Xの方が安いです

UBER BLACKしか捕まえられない時はそっちでもいいかもしれませんが

ちなみにバンコクだとUBER MOTO UBERX UBER BLACK

という順番になってますので、よく見て間違えないように設定しましょう

(UBER MOTOのサービスは現在中止しているので今は見る事が出来ないです)

画面上部に出発地点と、目的地を入力して、乗車場所を設定する。の所をタップすると

見積もり料金を見る事ができて、一番下にここで乗車を依頼するというボタンがあるのでそれをタップすると

地図上の車が少しずつ乗車場所に近づいてくるのがわかります

そして画面下部に、ドライバーの名前、顔写真、車のナンバー、車種が表示されるのを

あと何分で到着かも表記されるのでそろそろ到着と思ったら該当する車のナンバーを探しましょう

見つける事が出来れば、声をかけて乗車です。

乗ってしまえばHI THANK YOU、と言っておけば良いと思いますw

後は目的地に運んでくれますので、ここで良いという所でストップって意思表示すれば止まるので

降りるだけです、しばらくするとUBERからメールで領収書が届きますので心配なら確認しましょう

これがオススメ!GOOGLE MAPのアプリと連動して使う

最近GOOGLEと提携したらしく

GOOGLE MAPのアプリから普通にナビをすると

真ん中の公共の交通機関でのバスや電車の行き方の所をタップすると

ひっそりと一番下にUBERで行った場合の所要時間や料金が表示されます

このまま一番下のUBERの所をタップすると自動的に

UBERアプリが起動して現在地から目的地まで入力された状態で

後は呼び出しボタンを押すだけっていう状態になってますので非常に便利です

とにかく便利で安いので、一回使ったらもうやめられない感じです。

今後私は海外旅行中のタクシーは全てUBERを使うつもりです。

みなさんも良かったら使ってみて下さい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする